FC2ブログ

BeMaxの召し上がる鴨料理(ボクがやる手抜き編)

ゴハンだって炊けないし目玉焼きだって作れないボクですけど。。
簡単クッキング。

まずは鴨を仕入れます。買いに行ってもなかなか売っていないのでネットで調達いたします。
前は奈良から切ってあるのを買っていたのですけど薄すぎちゃって。。切ってないほうが安いし。。
カモは1羽で2枚の身がとれるようです。1枚というと半身のこと。

下ごしらえには洗面台をつかうのがミソです。後始末が楽だしどこが汚れているのかひとめでわかる。
ハンドソープでさっと洗面を洗ってからエチルアルコールでチュチュっと消毒いたします。
そこへ納品されたポリ袋からカモを取り出します。ぷ~んといいかおり。

左側にあるようにカワがついていて、その内側は白いアブラです。
普通ならこのままスライスして鴨ロース♪
アブラがおいしいという人もいるでしょうけど、メリメリとはがして右のように身だけにしちゃいます。
ホントにメリメリという音とともにきれいにはがれていきます。
スジはハサミで切って、うまくカワがはがれないところはくだものナイフでかわはぎ。
kamonochori1.jpg

もうこの時点で、とってもいいニオイでいっぱい。生肉なのにボクにだっていいニオイに思えます。
カモのアブラは融点が低いのでお湯で洗えば簡単に落ちます。ナイフもハサミもおててもすぐにキレイ。
ちょいと足もとを見れば、正座して恍惚とクンクンしているやつがもれなくいます。
kamonochori2.jpg

次に用意するのは紙タオル。あとで洗うことを考えると、まな板なんかとっても使えません。
ナイフで5mm厚にザクザクと切ります。1羽で写真の2.5倍くらいになります。
kamonochori3.jpg

切ったのをBeMaxの1回分ずつプレスアンドシールフリーザーにのせて指でプレスします。
適当に5切れから7切れくらいずつ。ちょいと秤量したらジャスト50グラム。やるね。
kamonochori4.jpg kamonochori5.jpg

もうこのころになると待っていられない白けむくの目つきが険しくなってきます。
『はやく食べたいですっ!!』
kamonochori6.jpg

テフロンシートをホットプレートに敷いて、その上で焼いてもいいのですけどメンドなので
カモを紙タオルに挟んで電子レンジへ。40秒。裏返して20秒。レンジも汚れずにできあがりです。
ちょいとアルプスの岩塩を振ったりするといいアテになります。(もちろんボクの)
kamonochori7.jpg

あとは紙タオルの上で1切れを4個に切り分けて、フーフーさましてからBeMaxにあげるだけ。

さんざ待たしたあとだしアッという間に食べちゃいました。。
食べれるだけあげたら・・・ きっと1羽、2日で食べちゃいそうです。

残りは冷凍庫へポイっ。1回分ずつになっているので便利でしょ?


コメント

Secret

エルマー・ママさんへ

こんなのを調理なんていっていたら世界中から石が飛んでくるのではないかと思いつつ書いていました。
最初は正座してクンクンしていたのですけど だんだん過激になってきて洗面所でカワをはいでいるところはのぞきこむし
包丁を使っているときには切るのをじゃましたりでした。本人は手伝っているつもり?

吉岡油糧のお試しセット、ボクも買ってみようとしたのですけど手続きがめちゃメンドで頓挫したままです。。

No title

びまさん、素晴らしい!
完璧な下ごしらえと調理ですね~
BeMaxくんのためにせっせとカモをスライスしている姿を
想像すると微笑ましいです。
足元で正座のBeMaxくんも可愛い!
プロフィール

びま

Author:びま
ようこそ!BeMaxとMioのブログへ♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村

先代のブログはこっち

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク